FC2ブログ

Muddy Tomoのひとりごと

焼き物のこと生活のことなど、つれづれなるままに、そこはかとなくかきつくれば・・・。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

4月23・24日  

さてさて、今回も土曜日は雨、大荒れ、

002_convert_20110427222431[1]


日曜日は晴れの空模様だったそうです。

005_convert_20110427222608[1]

なんだか写真がいまいちですねえ。

今回はポットが評判良かったようです。
今まで、いいねえと言っては下さるんですが、お値段高め(1万円くらい)のため、
なかなか売れなかったポットたち。

来て下さって、興味を持って下さった皆様、さらに購入して下さった皆様、
ありがとうございます。
来年も、今年以上のものをつくってまた参加したいと思います。

一方、こちら居残りチーム(私と子供たち)は、
初授業参観。
「ひのつくものを探そう」という国語の授業。
我が息子はウケをねらって、ひげおじさんやひりひり。
ひの字をプリントに書いて練習する時、先生が、
「お手本と同じように書いて下さい。自分のだとわかる字は書かなくていいです。」

あれ、この間私は、
「わあ、いいな。サクミクンの字はいいな。絵もいいな。みて、すぐサクミクンのってわかるし、すごいなあ。」
と言ったばかりだぞ。
ホントにホントにそう思うのです。
私の字は、きれいねえとよく言われます。(最近はあんまりないけど。)
まあ、教科書みたいな字なのです。それが嫌だ。きっと子供のころお手本どうりに練習しすぎたせい。

私の白雲窯の父親は字が上手いといわれます。
彼は成人してから、色々自分で字体を考えて自分の字を編み出し、練習したそうです。

ハットリクンの字はクセがあります。一目見て、ハットリクンの字だとわかります。
彼はなんと小学5年生のころ、教科書の字はつまらないなあと思い、今の字に変えたそうですが、
いまだ彼の中では未完成らしく、字を書くのがあまり好きでないようです。

すごいなあ、そんなことに気づくなんてみんなすごいなあと心底思っているのに。










スポンサーサイト

category: やきもの

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。