Muddy Tomoのひとりごと

焼き物のこと生活のことなど、つれづれなるままに、そこはかとなくかきつくれば・・・。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

プール  

008_convert_20110625232325[1]

最近、とっても暑いですね。
1年生の息子が行く小学校では、昨日の金曜日がプール開きでした。
さて、プリントにはプール開きとあるものの、持ち物に水着と書いていない。

息子: 「月曜日に入るって言っちゃった。」
私:  「ほんまに?金曜日プール開きって書いてあるけどぉ?」
息子: 「明日はいらんて言っちゃったもん。」
私:  「ふうん。」(ま、自分が水着いらないって言ったから、プールに入れなかってもあきらめるやろ。)

金曜日の朝。
息子が出かけてから、近所の方から電話がありました。
   「○○くんと○○ちゃんは、水着持っとってやけど、サクミクンはいらんのん?」
私: 「月曜日からって言ったんで、持たせへんかったけど・・・。」

いつもあとから妹も連れて一緒にバスを待つので、水着を持って行きました。
息子は、水着は全く無視。
トンボを捕まえてそっちばかり。

さあ、バスが来た。
   「はい、水着。」
   「いらん。」

近所の方と二人して、バスに載ってる1年生の女の子に
    「今日1年生はいらんのん?」

なかなか、息子を信じきれない母でした。
いやあ、悪かったなあ。
近所の方も、余計なこと言ってごめんごめんと。

夕方、息子が学校から帰ってきてから、
私: 「今日、水着なくて大丈夫やった?」
息子:「うん。一人間違えて持ってきちゃった人がおった。△△クン。
    △△クンのお母さんこわいんやって。それで持ってきたって言っちゃった。」

ああ、どの家でも同じような展開が・・・。
少年は、女はうるさいって思ってるやろな。

スポンサーサイト

category: 生活

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。