Muddy Tomoのひとりごと

焼き物のこと生活のことなど、つれづれなるままに、そこはかとなくかきつくれば・・・。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アサギマダラ  

DSC00838_convert_20120528191941.jpg

「服部克哉 作陶展」
2013年5月25日(土)~6月2日(日)
11:00~18:00 期間中は無休

奈良の「文居」さんで、「服部克哉 作陶展」はじまってます。
服部克哉は 最終日の6月2日(日)に在廊します。
皆様のお越しをお待ちしています。


昨日の日曜日は、
近くの神崎浜へ「アサギマダラ蝶の観察会」に子供たちと参加しました。
暑いぞー。
DSC02847_convert_20130527184529.jpg

DSC02846_convert_20130527184607.jpg
アサギマダラが好むスナビキソウ。

アサギマダラ
アサギマダラは南西諸島から日本の高原地帯まで2000キロ以上も移動する蝶なんだそうです。
神崎浜はアサギマダラの北上ルート。

DSC02852_convert_20130527184715.jpg
捕まえて、羽にサインペンでしるしをつけます。
もし、どこかで誰かがしるしのついた蝶を捕まえてくれれば、いつどこから来たのかわかるのです。

あの美しい羽にペンで字を書くのが若干うしろめたいと思いながら、
これは楽しい。
捕まえるのも楽しいし、もしどこかよその国でまた誰かが捕まえてくれればと想像するだけで、
大人も子供も楽しい。
そして、これは研究にもなるのですと言われれば、大人でも堂々とアミを持って蝶採りができる。

それにしても、アサギマダラは海の上をどのように飛んで渡ってくるのでしょう?
ずっと飛び続けるのかな?力尽きてしまう蝶もいるのかな?



スポンサーサイト

category: 生活

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。