FC2ブログ

Muddy Tomoのひとりごと

焼き物のこと生活のことなど、つれづれなるままに、そこはかとなくかきつくれば・・・。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

  

006_convert_20100711125703[1]
窯の土台です。

016_convert_20100711125937[1]
レンガを敷き詰めます。


035_convert_20100711130458[1]
窯の型をのせます。

040_convert_20100711130701[1]
型にそってレンガを積み上げます。

056_convert_20100711130557[1]
子供が窯の中でおままごとをしようが、何をしようが、どんどん積んでいきます。

category: 窯作り

tb: 0   cm: 0

ひたすら  

006_convert_20100630222210[1]
屋根のトタンを張り終え、そしてレンガ登場。
ここまでの作業ペースは、屋根の垂木をはるのに1日。トタンをはるのに2日。


007_convert_20100630222309[1]
レンガを運ぶのに1日。それも最後はとなりの方に手伝ってもらって・・・。たったの50メートルくらいの移動なのに・・・。


008_convert_20100630222348[1]
そして、丸1日煙道を掘り続け、終わらず、次の日も・・・。


011_convert_20100630222424[1]
そして窯のかたつくり。ジグソーで合板をカットしています。

なんせ初めてのことばかりで、要領の悪さ満開です。やってしまってから、これやったらあかんのちゃうんとか、こうやったら早かったんやとかがわかるのです。あほやなあとつくづく思います。
最近の夫のセリフ。
丸1日、のびまくる草を草刈機でかったあと、「単純労働って好きだなあ。」 うん、それわかるなあ。
何か目標を決めた後、そこに向かって何も考えず、ただひたすら目標に向かって作業をする。
その時の脳の状態って、もしかして座禅に近いのではと思います。特に、体を動かしてると疲れてくるし、次第に何も考えられなくなってします。それが気持ちいいのです。
ただ、最初に決めたことが間違っていても突き進んでしまう危険性が・・・。

category: 窯作り

tb: 0   cm: 0

棟上げ  

「いつんなったらできるやいな?」

「次のつぎの日曜は午前中、子供の太鼓があるんですけど、午後は用事があるんですよねえ。
 そしたら、またその次にお願いします。」

「ええけどお。」

そして、しばらくして再び。

「明日はなんかあるんか?」

「ないですけど。でもまだ金具とか買ってへんのです。」

「コメリにうっとるで。」

「そしたら今から買いに行きます。」

お隣の方との会話。
棟上げ手伝って下さいます。
色々、たくさん教えてくださいます。


そんなわけで、急きょ棟上げをすることになりました。
シュミレーションをしていたおかげで、滞ることなく半日で棟上げ出来ました。
おお、予定外に早くできたのでうれしいです。
ほんと、ありがとうございます。
そしてとってもおもしろい。
焼き物と違って、大きいものができるのでおもしろい。
一つ一つ組み立てるのもおもしろい。
筋肉がついてくるのもおもしろい。



001_convert_20100609232918[1]

002_convert_20100609232953[1]

004_convert_20100609233049[1]

009_convert_20100609233131[1]

category: 窯作り

thread: 日々のできごと - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

初公開  

初公開だと思います。

のこぎりとのみと金槌。
008_convert_20100602222452[1]


ほぞ穴開け機。(33.6キロ)
011_convert_20100602222617[1]


電動マルノコ。
007_convert_20100602222308[1]


ではなくて
018_convert_20100602222730[1]


私の写真。
でも、ちょっと出し惜しみで目は見えない写真。
019_convert_20100602222912[1]
いやいや、恥ずかしいものです。


のみとマルノコ。写真はありませんが、さしがねと水平器とかんなと斧の柄。
リサイクルショップで購入しました。兵庫県和田山にある「おもしろや」。
父親の「なんでもあるらしいで」の一言で2回も行ってしまいました。
ほんまにおもしろい。奥の方から掘り出し物を掘り出さねばなりません。
そして値段も安い。一応値段は貼ってあるのですが、レジに行ってびっくり。3,4割引きにしてくれます。
焼き物の釉薬混ぜるミキサーもここで買おっかなあ。


そして木を刻んで屋根の部分のシュミレーション。
013_convert_20100602222652[1]
シュミレーションしといてよかったあ。
いっぱい間違っていました。(ほぞの向きやほぞ穴の開ける場所、梁の組み方などなど。)
棟上げの時は声かけてな、と皆さんに言っていただいているのですが、
当日「あっ。」ではすまされへんもんなあ。

category: 窯作り

tb: 0   cm: 0

桜も終わり・・・。  

012_convert_20100421215432[1]

さて、さくらも終わり、


023_convert_20100421215848[1]

なんという名前のツバキでしょうか。
なんだかバラのようにも見えます。

この家は借りているのですが、次から次へと花が咲きます。湧いてくるように。
私は花には疎く、育てるのも下手なのですが、そのくせ花の絵とか絵付けしているのですが、
やはり、花が咲くとなんだか嬉しいです。家の中に飾るとそれもまた嬉しいです。

ここのところ焼き物はストップです。
アルバイトを始めたので週に二日半しか取り組めないうえに、子供たちがダウンして看病したりなんだかんだ。

それでも集まってきましたよ。


020_convert_20100421215800[1]

019_convert_20100421215724[1]
窯小屋の柱と梁。

021_convert_20100421220007[1]
窯のレンガ。

025_convert_20100421220039[1]
トタン。
奥に見えるのは、雑木。
すぐそこの山の木を日当たりが悪いというので切られたのをいただきました。
焼き物の釉薬に使う予定です。
試験を白雲窯に入れてもらっているところです。

5,6,7月くらいで窯小屋をつくり、窯も作る予定です。
なかなか体調も整わず、いろいろと考えることもありますが、すべてを吹き飛ばすぐらいのパワーで、集中して無事終わらせたいです。
今まで、ほかの人が窯をつくっているのを見てきましたが、まーだできてへんのんとか言ってましたが、前言取り消しです。ほんとなかなか難しいものですね。

category: 窯作り

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。